まだ見ぬ君に会うために

ブログにご訪問いただきありがとうございます。
成れる会大阪マーケティング塾2期生の溝手です。
メンバがリレーでお伝えしている「成れる会に入ったワケ」。
今回は
新卒で企業にエンジニアとして入社し16年、
入会して2年と10カ月の
私の「ワケ」をお届けさせていただきます。
おつきあいいただけましたら幸いです。

さて、みなさんは「成れる会」の本当の名前、ご存知でしょうか?
正式名称は「目指す自分、成りたい自分に 成れる会」と言います。

では、もう一つ質問。
「成りたい自分」この言葉を聞いて、あなたはどんな「感情」を持たれますか?
思い描くだけでワクワク...そんな風に感じられる方、いらっしゃると思います。
「自分は○○を実現したいんやんか!」
何かに向かって懸命に取り組まれるお話は、状況が順調でも逆境でも、そうして語れるコト自身素敵だなぁ。
そう思いながら拝聴させてもらいます。

でも実は、私自身にとってこの言葉は、どこか心がザワザワするものでもありました。
「成りたい自分」、自分にはそれがない。
誰から言われたでないですが、なんとなくそのことを負い目に感じていました。

じゃぁなぜ、
「成りたい自分」のない私が「目指す自分、成りたい自分に 成れる会」に入ることにしたのか?

心がザワザワしようが、どうしようが
やっぱり私も「成りたい自分」に成りたかったから。
それに尽きると思います。

確かにその時私には「成りたい自分」が描けませんでした。
自分が何を頑張ればいいのか、わかりませんでした。
(※決して手を抜いていたわけではないですが、
  自分の意図に関係なく、人に言われるまま、加減もわからず力を使っていたなぁと。
  ボールを見ずに全力でバットを振り回す感じでしょうか?)

でも、その時漠然と思っていたのは、
「成りたい自分」は何か目標を見つけてそれに向けて頑張っているはずだと。
たしかに、自分に今「成りたい自分」は描けてない。
でも、
「成りたい自分」が見つけられずにスタートが出遅れるのだとしたら、
「成りたい自分」が見つかった時に猛追できる自分を作っておきたい。
「成りたい自分」が見つかるまで、これ以上何もせずに時間を過ごしたくない。
そう感じたからでした。

だから、最初の半年は「業務」「修行」だと思っていました。
スキもキライもない、モクモクとやる。ただそれだけ。
私は、毎週続ける類のことが苦にならないタチだったので、
そんな感覚でした。

で、これまで学び続けてどうだったか?

学びの中で少しずつこれまでになかった視点が増え、
目標を定めて行動していく中で少しずつ「未来は選べる」ことが感覚としてわかってきたことで、
少しずつ「成りたい自分」とはこんなもの?がわかるようになってきた気がします。
「あ、そうそうこれ!」なのか、
「うーん、なんかこれは違う。」なのかが
わかるようになってきました。

そして、
行動するのか、しないのか?の判断基準が
「成りたい自分になるのに役立つのか?」ではなく、
「成りたい自分に成った自分なら、やってみてるかどうか?」に変わってきました。

学び始めて3年近くになろうという今も、
実はまだ「成りたい自分」の顔はハッキリとはわかりません。
でも、確実に「成りたい自分」の存在は感じられます。
私のまだ見ぬ「成りたい自分」の君(きみ)に対面する日は、
もしかしたら「成りたい自分」になったその時なのかもしれません。

だから今はそれを楽しみに
「なぁ、これはやってみるん? やらんとくん?」
そんなお伺いを立てながら、
晴れて対面できるその日まで、行動し続けようと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

画像の説明

成れる会大阪 マーケティング塾
ただいま6期、募集中です!
気になった方、覗いてみてくださいネ!
6期募集特設ページ

コメント


認証コード3575

コメントは管理者の承認後に表示されます。