ブレナイ軸を手に入れたのが最も大きい収穫

~私が成れる会に入った理由とは?~

成れる会大阪代表の高橋正哉です。

成れる会大阪の2期生として2015年1月に入塾してから約2年9ヶ月が経ちました。

これくらいの月日が経つと、
入塾した時の気持ちを忘れがちですが、
初心に戻る意味も込めて成れる会に入った理由について言語化しておきたいと思います。

私が公認会計士として独立開業したのは2012年の11月で
そこから成れる会大阪に入塾するまで2年強ありました。

組織に勤めていた時代はクオリティ(専門性)を追求していれば良かったのですが
自分で商売するとなるとクオリティ(専門性)だけでは食っていけず、
他にも様々なことを備えておく必要があるということに気付いたのですね。(特に仕事の受注)

それで、本、DVD、セミナー、コンサルなどを受け始めるようになったのです。

投資額は数百万円にのぼり、
ノウハウや知識自体はどんどんと積みあがっていったような気がします。

しかし、何となく地に足の付かない感じがありました。

力になっているような、なっていないような、そんな感じです。

そんな時、既に成れる会大阪1期で学び始めていた人たちから
2期としての参加のお誘いを複数受けるようになっていました。

最初は断っていたのですが、
(特に半年間毎週日曜日開催のハードルが高いと感じていた)

・自己投資してきたが、成長の実感が何となく持てていなかった事
・狙った結果がもっと先にあり、もっともっと成長する必要があると感じていたこと
・1期生の人達が半年で大きく成長したように感じた事
・参加費が(今まで受けてきたセミナー等より)安価であった事
・2期生として参加申込をした人に知り合いが何人か居たこと
・毎週は難しいが、8割程度は参加できるだろう、という目途がたったこと(タイミング的に良かった)
・残席1名という情報に慌てた

という理由で申込期限ぎりぎりで参加することにしたわけです。
勢いとタイミングがあったという感じでした。

~成れる会に入ってみてどうだったか?~

基本的に成れる会のカリキュラムは半年間(24回の毎週講義)を1タームとして考えていて、

最初の半年は受講生として
次の半年はサブ講師として
その次の半年はメイン講師として

本人次第(※)で関わる事ができます

※サブ講師、メイン講師として関わるためには、課題のクリアが必要です。
 また、関わるか否かはご本人の選択で自由に決められます。
 
最初の半年は講義の内容やワークに意味を見出せず
同期生を集めて集団で退塾することを考えてみたり、ということをしていました。

しかし、この学びは本質なのかも知れない、ということをに途中から感じ始めます。
今まで、逃げていたことを突き付けられている、それがいやだから拒否しているだけではないか
そんな風に感じるようになっていきました。

そこから心を入れ替え、
自分なりに真面目に取り組み始めます。

真面目に取り組めば取り組むほど
ますますこの学びは実質/本質と感じるようになっていきました。

そうやって現在成れる会大阪の代表までさせて頂く事になったのですが、

結果として、

マインドセット、マーケティング力、営業力、経営者思考、
時間管理、リーダーシップ、プレゼン力、講師力、ビジネス設計、など

色々なものが自分の血肉になってきており、

現在は自分のビジネスやクライアントへの価値提供UPに大きく貢献しています。

ブレナイ軸を手に入れた感じですね。

今ももちろん発展途上ではあるわけですが、
このブレナイ軸を手に入れたことは何よりも大きい収穫でした。

文章ではお伝えしきれないのが悔しいのですが(汗)
ピンと来た方はいつでもご相談にのりますので、気軽にご連絡下さいませ。

 お問い合わせはこちらより!

ご連絡お待ちしておりますー!

【只今、成れる会大阪 第6期生を募集しております(12/17スタート)!】
 詳細はこちらより!

コメント


認証コード2742

コメントは管理者の承認後に表示されます。