知る、やる、正しくやる

成れる会大阪5期の禿(かむろ)です。

5期に引き続いて参加している6期の講義も残すところあと10講。
1年ほど前に5期で学び始めて以来、成れる会で学んだことを活かして思い描いていたB点へと着実に近づいています。

そうして5期を終え、6期で再び学びを重ねている今、とても強く感じるのは「思っていたほどにはスピードが出ていない」こと。そして振り返ってみれば「B点へと至る方法は考えていたそれとは異なる形になっている」ことも気づきました。

みなさんもご自分の望む姿、成りたい姿を目指して学びを深めていることと思います。

その成果は今、出ていますか?
考えていた通りのスピードで成果は出ていますか?

もしそうでないとしたら、ぜひ振り返っていただきたいのは「正しく」やれているか?という点です。

単に知っているだけなのと行動していることは別。
これはよく言われることですね。

では「正しい行動」を取っているか?についてはどうでしょうか。
私は6期で再び学ぶことを通じて、5期当時の自分の学びが浅かったこと、曲解した行動を取っていることを理解できました。

画像の説明

行動することはとても大切ですが、目指す自分・成りたい自分になるためには「正しい」行動を取る必要があります。
もしも「行動しているのに成果が出ない」、そう感じることがあったら振り返ってみてください。
それは「正しい行動か?」と。

コメント


認証コード7162

コメントは管理者の承認後に表示されます。