あなたにとって「稼ぐ」という言葉はどのような意味でしょうか?

「稼ぐ」という言葉。
この言葉を聞いて良い感情を持つ人もいれば、
この言葉を聞いただけでネガティブな感情を抱く人もいるでしょう。

あなたにとって、「稼ぐ」とはどのような意味でしょうか?

こんばんは、成れる会大阪2期の新倉です。

前回(1/21)の第5講では、
私が前回の講義の復習講師をさせていただきました。

※第5講の様子がこちら。

IMG_4575 (1)

その時の講義内容でもありました、
「稼ぐ」の意味の捉え方について、
このブログでも問うてみました。

このブログをご覧になっている皆さんは、
日々、ご自身の仕事で稼いでいることでしょう。

その稼いでいるものとは、いったい何を稼いでいるのか。

「稼ぐ」という言葉を聞いて
最初に思い浮かぶものが、
あなたにとって今一番稼いでいるものかもしれません。

例えば、「お金」を稼ぐ。
稼ぐという言葉と一緒に多く使われる言葉の一つですよね。

他には、「時間」を稼ぐ。
「信頼」を稼ぐ。
「経験」を稼ぐ。
etc..

様々な言葉が「稼ぐ」と一緒に思い浮かんでくるでしょう。

それでは、
あなたにとって「稼ぐ」とはどういう状態でしょうか?

あなたにとって、稼いでいる状態は
お客様(相手)に喜んでもらっている状態
でしょうか?

例えば、お金を稼いでいる状態とは、
あなたのお客様にあなたのサービスが喜ばれていて、
その感謝の気持ちからお金をいただいている状態
のはずです。

そして、喜んでお金を払ってもらえる状態は、
お金を払ってもらう相手(お客様)から
あなたが信用、信頼されているからこそです。

あなたが信用、信頼をされて、
あなたのサービスを喜んでいただき、
そして感謝をされてお金をいただく状態
がお金を稼いでいるということ。

画像の説明

このような状態を、「稼ぐ」の意味で捉えていれば、
そこにはネガティブな感情が生じることはありません。

もし、あなたがこのブログのタイトルを見たときに、
「稼ぐって何か悪いことでもしているように感じる」
という感情が少しでも湧いてきたのなら、

あなたにとっての「稼ぐ」には
お客様に信頼され、喜んでいただくということが
欠けているのかもしれません。

改めて問います。

「あなたにとって稼ぐとはどのような意味、状態でしょうか?」

その意味や状態を、さらに明確にしたいのでしたら、
ぜひとも成れる会に参加してみてください。

稼ぐ状態にあなた自身が成れる場を用意していますよ。

★成れる会大阪7期は2018年7月頃スタート予定★
 詳細は今すぐこちらよりご覧ください。

コメント


認証コード2367

コメントは管理者の承認後に表示されます。