すぐに実行すべき事

皆さん、こんばんは。
成れる会大阪4期生の松本です。
8月6日に成れる会5期も24回の講義のうち23回目の講義が行われました。早いもので5期の講義も次回で終わろうとしています。
さて今回はノウハウ編の資料の最終の32ページの時間管理のマトリックスを扱いました。緊急重要

これは事柄を緊急性と重要性に区別するもので、重要であり緊急であるAを第一領域、重要であるが緊急でないBを第二領域、重要でないが緊急であるCを第三領域、重要でなく緊急でないDを第四領域に分けられます。

第一領域にはクレーム処理や切羽詰まった問題への対処が含まれます。
第二領域には人間関係作りや勉強や自己啓発が含まれます。
第三領域には多くの電話や多くの会議などが含まれます。
第四領域には暇つぶしや単なる遊びなどが含まれます。

さて、どの領域が最も大切でしょうか。
答えは第二領域です。最も整えるべきは第二領域であり、ここが整っていないと他の領域に割く時間が増えてしまうからです。

第一領域のクレーム処理や切羽詰まった問題は第二領域の人間関係作りや勉強がしっかりできていれば減らせます。

第三領域の多くの電話や多くの会議は人間関係作りができていれば減らせますし、自己啓発ができていればこちらから電話することや会議をすることも減らせます。

第二領域に集中していれば第四領域の暇つぶしや単なる遊びをしている余裕は無くなります。

人生は有限であり時間は本当に限られています。第二領域に集中して取り組まないと目指す結果には到達できません。すぐに実行すべきは第二領域の事柄です。それによって目指す自分の結果をぜひ獲得してください。

コメント


認証コード6483

コメントは管理者の承認後に表示されます。