見込み客の心に響くチラシを作るには?!

こんにちは!3期生の倉永です。

今日の講義はチラシ講座。
成れる会ではマインドセットをベースに、
このような実践的なノウハウも学びます。

チラシを作成する時に一番重要な要素は何でしょうか。
文字の大きさ?商品の価格?見やすさでしょうか…?

チラシを作成する時に一番重要な要素はキャッチコピーです。

ですが多くのチラシが自分の宣伝したいサービスや商品が何か、
それをいかに良く見せるかに焦点が行きがち。

そんなチラシ、誰も見ません。

見てもらうチラシにする為にまずすべきことは
「ターゲットを設定すること。」

あの人にも、この人にも見て欲しい…!!
作る側はそう思うものですが

勿体ながらずにターゲットを定める!!!

チラシ作りはここからスタートです。

ターゲットを定めることで、
そこではじめてターゲットに向けたキャッチコピーが定まります。

「あ!これ私のことだ!」と
「自分ごと」に思わせることで見込み客の心に響くチラシにします。

また、お年寄りの方がターゲットのチラシの場合
インターネット経由で配布するよりも
新聞折込で配布した方が効果があるだろうといったように
配布方法を考えることにもつながります。

チラシの作り方にはセオリーはあれど絶対法則はありません。

作って、検証して、改善することを繰り返します。

街中にいてもたくさんのチラシを目にします。
「このチラシのターゲットは誰だろう?」
「このチラシは何を訴えて作られているんだろう?」と
視点を変えて、ぜひ新しい気づきを得てみてくださいね。

コメント


認証コード6373

コメントは管理者の承認後に表示されます。