SNS講座は実はSNS講座でなくて・・・第3弾

1期生の松本知佐子です。
成れる会大阪マーケティング塾5期第5講の「SNS講座と新しいWebサービスについて」の復習講義を担当しました。

1期生と言いながらも、新しいWebサービスについては初めて聞く内容。

また完璧な文系出身で、パソコンやWebに苦手意識を持ち、
スマホを持ったのもちょうど1年前という状態。

で。
復習講義を担当して感じたこと、学んだことを振り返る第3弾。

●日々の変化を認識しているか

そもそも、
マインドセットは成功している人に共通する考え方です。

ということは。

成功している会社、つまり普及しているSNSを提供している会は、
マインドセットが整っているはずであり、
そうすれば、日々成長し、どんどん進化し続けているはずです。

使い勝手や機能もどんどん変わります。
それに対応できる自分を作っておくこと
以前上手く使えなかったものも、とても便利になっている可能性があること。

変化をつかみ、対応できる自分を作っておくことも必要ですね。

●練習する

今更ですが、成れる会ではただ知識を吸収するだけでなく、
半年の間にそれを試してみることのできる練習の場があることに
改めて気付かされました。

何事も始めてする時は、ついつい億劫になりがちです。

そして、

仮にこうだとして
こういう風に想像して、

やってみてもテンションが上がりにくいです。

リアルに試そうとすると
万が一お客様にご迷惑を掛けたらどうしようとか、
取り返しの付かないことにならないか心配してしまいます。

でも、全く別の練習の場であれば、気軽にトライできますし、
それが実地で役立つことであれば、テンションも上がります。

成れる会は、ワークを通して、初めてのことに挑戦できる環境、
そして、支え合う仲間も提供できているんだとうことを再確認しました。

練習しやすい環境が整っている。
本当に身に付けるとは何か、学び方を学ぶとは何かを実感しました。

コメント


認証コード3212

コメントは管理者の承認後に表示されます。