来るべき日は来る。

仕事の締め切り
プレゼンの日
目標設定した期日
成れる会での半年間という学びの期間

その日までに
行動しても
しなくても

自分に向き合っても
逃げ続けても

「来るべき日」はやってきます。

画像の説明

もしあなたが
「こんな自分になりたい」
「こんなことしたい」って思うことがあったら
なりたい自分になるために
「来るべき日」までをどう過ごしますか??

なりたい自分像があって何もしていないのに
「いつかできる」なんて思っていませんか?

行動しなければ、何の結果も発生しません。
成功も失敗も。

言い換えれば

行動すれば、何らかの結果は出ます。

たとえそれが「失敗」だと思っても
それはやったからこそ出た「結果」で、そこに学びや成長は生まれます。

「何をやったらいいかわからない」
「あの準備が揃うまでできない」
そんなことを気にしていたらいつまでも動けません。

「英語が話せるようになったら海外行くねん」
って言って行ってないのと一緒です。

そのままでは
なりたい自分になれるのはどんどん先伸ばしになります。

重要なのは
「動きだしを早くすること」

取り掛かりのスピードをいかに早くするかが重要。

なれる会の共通言語では
「とっととやれ」というのがあります。

そのためには頭の中に浮かんだことをとっととやってしまいましょう。
大事なのは情報やノウハウではありません。

何をやったらいいかを理解していないとやらない、
確実なことしかやらないというのは、
自分の枠のなかにあることしかやらないということ。

その状態では成長の度合いはぐんと下がってしまいます。

必ず来る「来るべき日」に向けて
明日と言わずに
今すぐに全力で取り組んでみませんか?

コメント


認証コード5875

コメントは管理者の承認後に表示されます。