より成長できる方を選ぶ

こんにちは!成れる会大阪3期の早川昌美です。
4月3日、成れる会大阪4期第6回目は、広岡先生のSNS講座の復習のあと、種村さんによる本講義でした。
成れる会の共通言語も満載で、何度も聞き直して実践し血肉にしたい内容から、ほんの一部をご紹介します!

※ 成れる会大阪では、5月8日(日)午後、4期生主催の第1回目のオープンキャンパス(マインドセットセミナー)を開催します!
詳細は後日お知らせいたしますので、ぜひご予定を空けておいてください!

「それをやって今以上の自分になれるか?」を行動指針とする

皆さんは、
休日に2つの予定が重なってどうするか迷うとき、
行動の選択に基準や指針がありますか?

ゆっくり休みたいからどちらも断る?

楽しそうな方を選ぶ?

家族や友達に相談する?

義理や誰かの顔を立てることを優先する?

おサイフと相談する?   ・・・・?

迷うということは、
どちらにするか、決定的な選択理由が見えていない状態なわけですが、

そんな時に成れる会では
「それをやって今以上の自分になれるか?」を基準に選ぶ
という考え方をしたりします。

今はまだ、なりたい自分になれていないとき、
目指す目標を達成していないとき、

考え方が整っていないか、
行動が足りていないか、
とにかく今のままの自分では不十分なのです。

そこから目指す目標を達成するためには、
今の自分を今以上に変える必要があり、

「迷ったら、今より成長できる方を選ぶ」という基準を持っていれば、常に最速最短でなりたい自分に近づくことができます。

ためになる話を聞いても、
役に立つ情報を仕入れても、
それだけではなんの結果も生まない。

そう考えたとき、
結果を出せる考え方や行動が整っていない段階では、
「〇〇万円稼げる」といった一見美味しい話や、
「〇〇の秘密を大公開」というような情報を得られる会と、
自分を成長させ、将来にわたって目標を達成できる力をつけられる学びの場では、
明らかに後者を選ぶのが賢明だということになりますね。
(そして、何も行動しないのは最も愚かだということになりますね。)

しかし、実際には、
この、当たり前すぎるほどあたりまえなことがすっぽり抜け落ちて、
「あれもこれもできていないのに、
なんで今それをするのか?」という状態になっているケースがとても多いのです。

気になって購入したけれど読んでいないままの本、
一度読んだけれど内容を全く覚えていない本はありませんか?

これはよさそう!と思ってセミナーに参加し、
その時はいい話を聞いたと思ったけれど、
日々の生活になんの変化もなかった経験はありませんか?

新年度がスタートした今、
芽ぶく若葉のようにすくすくと成長して目指す目標を達成するために、
今以上の自分になれる方を常に選んで、日々を過ごしていきましょう!

 

コメント


認証コード6215

コメントは管理者の承認後に表示されます。