やったほうがいいけどやっていないこと。

皆さん、初めまして!!
成れる会大阪マーケティング塾 3期生の倉永真紀子です。

私は、ファッションデザイナーやアパレル販売員の仕事で得たカラーのスキルを活かし、現在カラーコーディネイターとしての道を進んでいます。
その一方でスリランカの染色や技術を生かしたアパレルブランドを
展開するというプロジェクトにも携わっており、これからがプレッシャーでありとても楽しみです!

さて、本日は第4期の第2講でした。
3期生の早川さん、倉永による先週の復習講義のあと、
2期生梅田さんの本講義とあっという間の時間でした。

今日の講義の中で
「やったほうがいいけどやっていないこと」というキーワードが出てきました。

これを読んでいる皆さんも「うっ…!」となりませんでしたか??

今の世の中、facebookや様々な書籍やセミナーなど、
私たちの周りにはありとあらゆる情報があふれていて、
その量は10年間で500倍も増えたと言われています。

「これをやったら変われるかもしれない」と
情報の波に飛び込んでいるうちは結果は出ません。

なぜでしょう。

世に溢れる「情報」というのは
今自分が欲しい結果が手に入るまでは必要のないことばかりだからです。

情報に飛びついているときは、自分で自分を複雑にしています。
それは時間を浪費しているだけにすぎません。

では…どのように改善していけばいいのでしょう?

テレビやfacebook、セミナーや本などの情報収集を徹底的に遮断し、
結果を出すために必要な行動は何かを考え、
今自分がやれていないことをやるだけです。

実際にこの方法を実践されて、化粧品販売の売り上げが
全国一位になったという事例もあります。

今、自分がやれていないことをやるだけで
自分が欲しいレベルの結果は出ます。

毎日目にしている情報を遮断するなんて
そんなの無理だ!と思うかもしれませんが
まずは自分を振り返り
「やったほうがいいけどやっていないこと」を書き出すところから始めてみてください。

そして、今まで浪費していた時間で
「やったほうがいいけどやっていないこと」に焦点をしっかり合わせた行動をしましょう。

私も書き出すことから始めています。
一緒に結果を出しに行きましょう!

コメント


認証コード8338

コメントは管理者の承認後に表示されます。