ビジネス設計

画像の説明

みなさんこんにちは。

成れる会大阪2期生の平山です。

秋もそろそろ終わりに近づいてまいりました。
そろそろ冬の準備をしないといけないなと思っている今日この頃です。

さて、本日は成れる会3期の第17回目の講義が開催されました。
先週の復習講義は二期生の平山が担当。
メイン講義を特別講師の広岡先生が担当し、熱い講義が聞けました。

熱い講義の一部をご紹介します。

▶数字管理

売上はきちんと数字管理することによって伸ばすことができるようになります。

さらに、売上は数字管理をしていなければいくら策を講じても伸びません。
仮に伸びたとしても再現性のない偶然の結果なのです。

売上を伸ばすために欠かせない数字管理ですが、極力シンプルにすることが大切です。
数字管理はともすると、どんどん複雑になってしまいがちです。
数字管理はシンプルにすることが基本であり、複雑にすればするほど管理することが目的となってしまうので数時管理の意味がなくなってしまいます。

数字を管理することで売上を伸ばし、自身の未来を選ぶことができるようになるのです。

▶ビジネス設計

目指す結果に到達するためには自身のビジネス設計が整っていることも重要です。

もし、いくらがんばっても目指す結果に到達していないのであればビジネス設計を見直してみる必要があります。
現在のビジネス設計の延長線上に目指す結果があるかを把握しておくことが大切なのです。

ビジネス設計の簡単な流れは、
・まずは、現状を把握することにより問題点と改善策を発見します。
・そして、市場を把握することにより需要の有無を把握します。
・さらに、需要に対して何を提供できるかを考えるのです。

目指す結果に到達するために、ビジネス設計を定期的に整えていくことも大切です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント


認証コード4941

コメントは管理者の承認後に表示されます。