課題の本質に迫る3つの質問

みなさま おはようございます。
2期生 溝手です。
6月最初週末、どんな朝を迎えてらっしゃいますか?

今朝の私は...
いつもの週末より早く目が覚めたので、
いつもの週末にはない速いスピードで身支度をすませ、
いつもの週末よりも早い時間にTO DOに着手しています。

画像の説明

今感じていることは
すがすがしい思いが半分、
あれもこれもやらないといけないのに、終わってない...という焦燥感が半分だったりします。(^^;)<残念>

生じてしまった課題や問題。
なかったことにはできないので、とっとと解決にかかるといたしましょう。

解決にあたり、気を付けておきたいのが
課題や問題を解決するには、早かれ遅かれ課題の本質に対処する必要があるということ。
なぜなら、上っ面の問題に対処しただけであれば、
手を変え品を変え、きっと同じような問題が発生しますから。

では問題や課題の本質ってどうみつければよいのでしょう?
せっかくここまでお読みいただいたので、
「課題の本質」に迫るための3つの質問をお伝えしたいと思います。

まずは現状の把握から。
Step0「あなたの問題/課題は何ですか?」
→私の場合、タスクが大きく3つ、予定通りに進んでいないことです。

では、ここからが本番です。
Step1 「あなた自身に問題があるとしたら何が問題ですか?」
→私の場合、あれこれ気になりすぎて、どれかに集中できていないから?...でしょうか

Step2 「なぜその問題を抱えたままなのですか?」
→いつ何をするを明確にできていないから...ですね。
 要は作業の優先順を決めるのを先延ばしにしているような気がしてきました。
 予定していた作業だけでなく、次から次に新しいタスクも入ってきます。
 そちらも入ってきててんやわんやになっているようにも思います。

Step3 それを改善するとどうなりますか?
→作業の優先順を決めると...その時間、何をすればよいのかが明確になるはずです。
 そうしたら、どんどん目の前に積みあがったタスク...は一つずつ一つずつ、減っていき、すっきりした気分でお出かけできると思います!

そんなわけで、
今この時間、「ブログを書く」ことに決めて、「ブログを書く」ことに集中しました。

書き終えようとしている今、
少しスッキリしてきた感覚があります。

私は今、この3つの質問を自分の生活の問題にあてはめて利用しましたが、
この3つの質問は会社の経営課題に対しても対処できるという、何にでも効く代物です。

ただし、「質問」は私からお伝えすることができても、
それに対する答えを見つけるのは他ならぬ自分。
幸い、私の場合は自分で答えを見つけることができましたが、
取り扱う問題が大きくなると、なかなか答えが見つからないかもしれません。

そういうときには、自分の視点だけでなく、自分とは違う他の人の視点を借りることが必要なのだと思います。
自分と他人、同じ事象をみていても違う見え方をしているかもしれませんから。

さて、今日は私は「出かけ」ます。
でかける先は、全国成れる会の年に1度の大イベント、第4回成れる会全国合宿@福岡です。
いうならば...合宿は異なる視点の宝庫!
どんな視点を得られるのか...今からとても楽しみです。

なお、「成れる会全国合宿」は年に1度ですが、
(他人の視点が大事とは言え、年に1度では頻度が...)
「成れる会大阪」は毎週開催です。
講座ではいろいろな視点をお伝えすることで、
あなたがご自身のなりたい姿を実現するにあたって生じている課題の解決をお手伝いします。
ただいま7期を募集中です。
気になる方は特設ページをのぞいてみてくださいね。

7期募集特設ページはこちら!

みなさま どうぞよい週末を。

コメント


認証コード1730

コメントは管理者の承認後に表示されます。