反復で昨日の自分を超えていく

みなさま こんばんは。
二期生の溝手です。

気が付けば12月も半分が経過。
数々のイベントにあたふたしている間に、
あっという間に年の瀬を迎えていきそうです。

寒さも厳しくなってきました。
体調管理、お気をつけくださいませ。

さて、そんな12月...ではありますが、
成れる会大阪、
次の日曜日12/17(日)より、ついに6期が開講いたします!

これからどんな期になっていくのか、
今からとても楽しみにしています。

実は私は今、在東京ではあるのですが、「大阪」6期にも引き続き関わっていきます。
東京にいるのに大阪の会にかかわる?!
それはなぜなのか? いい機会なので考えてみました。

- その1 重ねることでわかることがあるから

 確かに以前の期と同じ内容を学び直すのですが、
 同じ内容を学び直すからこそ、「そういえば以前は...」という気づきがあります。
 もちろん、言葉で聞いて知ってはいたことなのですが、ふと「そういうこと?!」と腑に落ちる瞬間があります。
 それは積み重ねてみないとわからないと感じています。

- その2 やっぱり超えていきたいから

 毎期、期が始まるときにはその期が終わる頃、どうなっていたいのかを書き出します。
 そこを目指して半年間行動することで、できてなかったことができるようになっている自分に気づくことがあります。
 また、同じ半年でも、今までの半年とこれからの半年。条件面がすべて同じわけでもありません。ムズカシイ環境に変化したときに、これまでと同じパフォーマンスを出すにはどうしたらいいのか? 考え行動するコトで、できるようになっていることも増えているように感じます。
 昨日の自分は1mmでも、超えていきたいですから。

- その3 自然なことだから

 新しい期が始まる。だから参加する。今ではそんな感じになっています。
 半年サイクルで「自分を成長させる」ために、成れる会をペースメーカとして使っています。
 自分で自分を成長させる行動をとり続けられるとよいのですが、
 私はまだその域に達してはいないので。
 この前の期はちょうど東京に居を移したところでしたので、
 東京に居ながらにして大阪にいたときと同等のパフォーマンスを出すことを目標にやってきました。

 その目標は達成できたので、これから始まる6期、
 東京にいながらにして大阪にいたとき以上のパフォーマンスを実現することを目標にやっていくつもりです。

昨日の自分を超えるため、
これからもどんどん自分を変えていきたいと思っています。

みなさんの2017年、どんな一年でしたか?
  そして2018年、どうやって超えていきますか?

のこり16日。充実した2017年となりますように
壁を越える

コメント


認証コード9376

コメントは管理者の承認後に表示されます。