いいからやれよ、やればわかるさ!

こんにちは、成れる会大阪5期生の稲松です。

成れる会大阪のメンバーがリレー形式でお送りしている、
「成れる会に入ったワケ」ですが、いよいよ最終ランナーとなりました。
私は、飲食事業会社の会社員で経理を担当をしており、成れる会には今年の2月に入りました。率直に書かせて頂きます。

◆成れる会に入ったワケ◆

①現状に対するモヤモヤ・不安を感じた

漠然と目の前の仕事をこなしていることに気づき、このまま行くと10年後20年後も成長していないのではないか。このままで本当に大丈夫なのか??

②違う会社・違う業種の方の考え方を知りたい

普段接する人は、同じ会社の方ばかりで、他の会社・他の業種の方との接点があまり少なく、自分の会社の当たり前が自分の当たり前になってしまうことに恐怖を感じた。違う会社・違う業種の方の様々な考え方を知りたいと思っていました。

③モチベーションを維持したい。

目標を立てるが、なかなか継続せず、モチベーションが維持できるような勉強会に参加したい。
(初日の講義で、モチベーションは誰かに維持してもらうものではなく、自分で維持するものだと教わり、考え方が変わりました。)

④成れる会大阪の代表が高橋さんであったから。

成れる会に入る3年くらい前から高橋さんとは仕事上のお付き合いがあり、当社の会計コンサルとして支援頂いておりました。仕事のクオリティ、全力で取り組まれる姿勢、人柄の良さを肌で感じ、心から信頼できる方が代表を務める勉強会であったため。

◆成れる会に入って学んだこと◆

①モヤモヤを感じることって成長しようとしていること、つまりいい事なんだ。

これまでの私であれば、モヤモヤを感じる時は、息詰まっている時でストレスを感じ、できれば投げ出したいものと思っていました。今では、モヤモヤを感じるということは課題に直面し、それを乗り越えようとしている時、つまり成長している時と捉えることができ、モヤモヤに対して向き合うようになりました。

②いいからやれよ、やればわかるさ。

いままでやったことがない事をやらなければならなくなった時、頭でいろいろ考えて結局とりかかりが遅くなったり、そのままやらなかったり。ただ、やってみるとわかります。これは、当たり前のことですが、なかなか理解することができないものです。「いいからやれよ、やればわかるさ」を身をもって体験できたため、今では、やる前にいろいろ考えて取り掛かりが遅くなる前に、行動しています。行動のスピードが上がりました。

③考え方~マインドセット~がすべてを決める!

現在の結果は、過去の考え方に基づき行動した結果である。未来は現在の考え方に基づき行動した結果、未来が決まる。
物事がうまく進まなかった時、思っている結果が出ていない時は、「その考え方合ってる??」と自分に問いかけ考え方を見直すようにしています。

◆最後に◆

5期の6ケ月に及ぶ学びが8月を持って一区切りつきました。これはあくまで区切りがついただけであって、学びに終わりはありません。
5期を学んで感じたこと、それは、、、

”いい経験ができた”

ということです。これは「いいこと教わった」という感覚ではなく、「いいこと経験できた」という感覚です。
教わったことを実際に行動に移すことによって、はじめて自分のものになる、という感覚を得ることができました。知らないこと、わからないこと、たくさんあります。「いいからやれ、やればわかるさ」の精神で今後も学んでいきたいと思っております。

共に学ぶ仲間をこころよりお待ちしております。

お問い合わせはこちら

コメント


認証コード8256

コメントは管理者の承認後に表示されます。