【5期生復習講義の気づき⑦】自分と向き合う

成れる会の講義は、
前週の復習講義と
新たな内容の本講義の2つから構成されています。

その心は...
この1週間で成長したのであれば、
同じ講義でも受け取れる量が違うはずだから。
詳細はこちらを参照ください。

こちらの連載では、
現在マナビを深めている、5期生の復習講義の気づきをお届けします!
第8回復習講義(=第7回分講義の復習)での気づきをご確認ください!

画像の説明

・自身のコンテンツ棚卸は、強み・弱み・キャッシュポイント・知識以外にも、やりたい事・出来る事・喜ばれるポイントなどを整理しておく。棚卸することによって自分自身を整える時間となる。

・人にはボトルネック以外のところを強化しようとする傾向がある。解決すべき問題は、ボトルネックであり、問題の根源であるボトルネックを触りに(解決しに)いく必要がある。

・一度感情の落ち込みから抜けられたとしても、また次の感情の落ち込みがやってくるが、その時は1つステップアップした状態になっている。落ち込みと落ち込みからの抜け出しを繰り返して力をつけていく。

・不安は成長のチャンスである。やったことがない事に不安を感じるので、不安を解消させるということは、やったことがない事ができるようになるチャンスである。

コメント


認証コード8625

コメントは管理者の承認後に表示されます。