SNSを使った集客

画像の説明

みなさんこんにちは。

成れる会大阪2期生の平山です。

そろそろ涼しくなってきましたね。
猛暑が終わりだんだんと過ごしやすくなってきました。

さて、本日は成れる会3期の第5回目の講義が開催されました。

先週の復習講義は二期生の梅田さんと平山が担当。

特別講義として広岡先生からSNS講座を学びました。

日々、変化の激しいネットの世界でまた新たな学びをえることができました。
講義の一部をご紹介します。

▶情報量は10年前の530倍!!

情報があふれる現代において10年前と比較すると情報量はなんと530倍になっているといわれています。
私たちは情報の洪水の中から自分にとって必要な情報を選択しなければいけません。

ここまで情報があふれてしまっていると、私たちは何を基準に判断していいのかわからなくなってしまうことが起こりがちになってしまいます。

特に信用できない人の情報はすべてシャットアウトされてしまうので、個人のブランディングのためにも自信のビジネスの集客のためにもSNSをきちんと整えておく必要があるのです。

▶導線が整っていなければSNSは意味がない

ビジネスでSNSを活用しようとするなら、きちんと顧客が自身の提供するサービスを購入するまでの導線が整っていなければ意味がありません。

自身のサイトをHUB(軸)として、各SNSが顧客を誘導してくる仕組みが整っていなければ効果は薄れてしまいます。

このように、ビジネスに特化したSNSについて学びました。

私たちは学び方を学び、常に変化に対応していく必要があります。

私たちはマーケッターでありコンサルタントでもあるので1番のクライアントである自分自身に結果を出させるためにも今日学んだことを実践していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント


認証コード6470

コメントは管理者の承認後に表示されます。